« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

パジャマジャマジャマな魔法

まだ事件は解決されていないので携帯電話からこんにちはです今日は雨だね。雨は好きです寒くなければ好き、雨音が聞こえるくらいのが調度いい。そろそろギターの弦も換えてやらないと、ギリギリまで放置の悪い癖は健在です。あー。この間は高校時の後輩のアガサクリスティーとご飯に行きましたよ。大手町だったかな?なんともワタシの好み、ツボ刺激されました可愛いカフェです絵本読み放題らしいです定期ライブあるらしいですまー可愛いくてまるごと食べちゃいそうだ。よく考えたらクリスティーとはなかなか趣味が合いそうだと今更気付くワタシ、たぶん当時は吹奏楽のことしか眼中に無かったからね、ちょっと大人になった今聴いている音楽の趣味や着ている服も近しいものがあるやもしれません。勿論今をトキメクmonobrightは出会い頭にプッシュしておきました。クリスティーの愛車に乗るや否やで聴いてもらってやっぱり興味を示してくれたワタシの後輩はさすがだ愛でたいな。お返しに聴かせてくれたはっぴぃえんどのトリビュート作品はもう大満足で喉から手が
出たので早速レコード屋行ったらありませんでした悲しいかな!函館!先日訪問時もモノブライト無かったし!でもsleepy.abとスモゥルフィッシュはありました、いそべっく!の自筆ポップつきでした素敵!!クリスティーの話に戻るけど彼女のパパはバンドメーン!と判明しました、しかもメンバーはあうん堂オーナーときたもんだ、弾き語りライブ観たとき度胆を抜かれたあの人が組んでいたバンドのVo.がクリスティー父!!昔の音源聴いてさらに衝撃、ギターが上手すぎるどころの騒ぎじゃねぇですクリスティー父もべらぼうにカッコイイし、結婚したい。うん結婚したい。そんなクリスティー父からお薦めCDを拝借してクリスティーと再開を約束つっても地元人だからいつでも会えるぜヨウメーン!!!
毎日徐々に主婦化。働く家族を応援し鯛

| | コメント (2) | トラックバック (0)

困った君はうちのパパ

やっとネット開通したのにね、ワタシの留守中に何をしでかしたのかね君は。ウチのパパさんですよ。メッセンジャーが全く機能しません。サインアップ出来ません。ついでにこのブログもログインできません。何をどうチョしたらこうなるの?必要なファイルが見つからないって言われたけど君食べたの?メアドは使えないし泣きたいです。しばらくは携帯から更新です。解決出来なかったらどうしよう。。浅田の銀メダル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちのパパはアメリカナイズ!

Photo_7 ネット開通したーーー

これで更新捗りまん!!

| | コメント (0)

サカナ

サカナ

函館に住み始めて5日目。函館は水がキレイと言ってもなかなか信じてもらえなかったけれどやっぱり嘘ではありませんね、この肌の調子。すこぶる宜しい。住んでみないとわからんだろう、皆驚くぞ。5日も経つと身体の至る所が浄化されて髪も肌もお通じも調子良いからさぁー、なんというかビバ☆身体のサイクル。細胞が生き返ったみたいなプリっとしたモチベーション。水を得た魚です。
画像はかの有名なトリコロールです。店の名はルパンです。衝撃のデカさが伝わらないこの画像!ちなみに450円です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

恋がしたいです、

引き続き片付けをしていると出てくるわ出てくるわ懐かしいモノ達が。今日発見したのは中学時代の日記です。塾の先生に恋、恋に落ちたその瞬間から怒濤のラブ日記が繰り広げられてますあー恐い。というか意識し始めてからのワタシの変わり様が凄まじい勢い。好きと思ったその日からあーかっこいいと言う発言が多すぎる。甘酸っぱくて気持ちが悪いワタシの恋バナを見て、とても誰かに恋したい衝動に駆られました、恐ろしい。春だから?発情?恋がしたいなんていつぶりなのかしらこの気持ち。どれだけ恋愛する気なかったんでしょうね。この色気無し。萎びた雌野郎だ。
危険極まりない今日という日のこの状態。

| | コメント (0)

情熱ガポテポテト、赤クナル頬ト君ノ記憶

段ボールの山をひとつ、またひとつと崩しながら空間を埋める作業の合間に携帯電話でぽちぽちと作成しています久しぶり(?)の更新。やっとお気に入りのCDの一束が見つかって心踊りまくりです。しかし何をどこに置こうかさっぱりで頭はグルグルで、さらに実家にもともとある昔懐かしい品々がワタシの思考を止めやがります。最初は色紙、吹奏楽部時代の色紙からはワタシがいかに元気ハツラツで猪突猛進だったか物語られていますね、お恥ずかしいけど有難い言葉達。そして写真はなんとも哀れなくらいダサい中学時代と少しシャレオに目覚めた高校時代が走馬灯のごとく並べられています、痩せていた時期バンザイ。今に至ってはなんと授業中に交換した手紙の数々が段ボールからひょっこりと、何だろうこのリアルな生きた字は。そんな事がワタシの身に起こっていたのかとビックリするよな恋愛相談やら進級が危うかった高2の三学期の話やあの頃から相変わらずな性格に気付く始末です。これは捨てられないなあー困ったよ、どうしような夕飯前。片付かない段ボール達を
ママに見られるとまずいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000

今、近所のホテルからの更新です。

明日ついに引越しなので今日は遥々函館から母君登場で

なんとか無事に荷造りを終えました。

母君の力は偉大なのだ。

ホッとした隙に風邪ひいたみたいです。

ここのPCは重いしもう寝ることにします。

実感わかないなぁーーー

| | コメント (0)

ブレイクブンブン

昨日からほぼ徹夜で荷造りとか掃除とか

引越はあさってだけど、今日は友達に家電製品やらベッドを引き渡すのだ

赤帽さんが来るまでちょっと時間ができたから

ブレイクタイム。が多すぎるんだけどね結局

なんだろーーー片してる途中でみつけた手紙とか読んで泣いたり

おやつの時間があったり

集中力なさすぎのぺ

だってシンドイんだモノ引越準備

スモゥルフィッシュのCD買ってよかったなーおかげで過酷な掃除にも耐えてこれた。

いそべっく!と木箱のSAYAさんの声って聴いてて照れ臭くなっちゃうくらい

お似合いで優しいなぁーーー

そこに無理やり3人目のコーラスとして重ねて唄っちゃうから

仕事が捗らないような捗るようなマイペース加減は死んでも治りません

プリッと残りを片付けるかぁー

| | コメント (0)

AmusicA'

in the Flat Fieldに行って以来、AmusicA' が気になって気になって

2日にいっぺんは試聴サイトで聴いてます。

ハマってしまいましたね~

ハラサトシさん個人の音源も好きなのです。

CD購入決定なのです。

| | コメント (0)

ベイビーベイビー

Photo_6 ママになった友達と産まれたてのベイビーに会いにいく

産婦人科は幸せ色の空気で その温度はとても高くて

いい匂いがして 居心地が良くて

不思議な空間でした

ママになったマイフレンド

赤ちゃんを抱いて歩いていく後姿は、貫禄があって、優しさに溢れていて

強さがあった

ベイビーは大きな眼を見開いて ママの顔を一生懸命見つめてるの

生命力そのものに触れた

すごく、とても力強いものをもらった気がする 

HAPPYってこういうことなんだ

とても温かくて とても温かくて 

嬉しかったんだよ

| | コメント (0)

34条

ひどく風が強い一日でしたね。3月5日。

友達の傘が壊れてワーとか笑ってたら7秒遅れでワタシの傘も逝きました。

そんな今日は高校の同級生4人でピザパーティー☆

ワタシの自慢の同級生。

絵の才能がものすごくあるSHiTちゃん、人気ブランドのショップ店員なお虫、

ミス函館なりたてのmotty、そして無職のワタシ。笑

やっぱり高校時代のクラスメイトって部活メイトとは一味違う懐かしさがあるわ

そして何故か喋り方が変わってないのね。函館弁。

でもこの5年間、各々いろんな経験してきたんだなぁ

って年輪をどこかに漂わせながらメッチャくだらない話で笑けたぬー

そしてなお虫以外は皆地元帰るのね。なんだ、すぐまた会えるじゃん的な。

そろそろ終電なので、と思ったら家の前に警察車3台と救急車1台が居るのね。

誰も乗ってないタンカーが放置された状態で、周囲には誰も居ないのね。

超恐ええ  悪戯だと信じます。

そんな事はどうでもよかとですが、

SHiTちゃんが言った一言がちくっとしたよ

これからどうしようね、

って一言。

SHiTちゃんには絵の才能があって、ワタシには音楽があって

お互いやりたいことはあって

でも今私達は、ひとまず実家に帰ることを選んだ。

これからのことなんて、分らないし今は、考えすぎて収集つかなくなっちゃったから

まずは選んだ生活をちゃんと、甘えないで、意味をかみ締めながらやってこうなんて

思ったよ。

それでいいと、いい筈だと信じることも今のワタシにとっては必要だものね。

明日は友達のベイビーに会いに行ってきます。

ちゃっちゃと引越準備しなければねー終わんないッちゃモン

| | コメント (0)

in the Flat Field

In_the_flat_field_1

こんなに楽しいとは予測してなかったです。

実を言うと、AmusicA’ も egg's polo men も 名前を知っているだけで

今日が初観でした。

名前をみるときはいつも対バンが良いバンドばかりで、評判も聞いていたから

かなり期待していったんですが、正直期待以上でした。

こんなに良いバンドが居たことを今更知るなんて、こんなことならもっと早く

ライヴに行っておけば良かったです。

そんな初観を、ステージ上から見下ろすなんて。笑

でも、このライヴはかなり五感が研ぎ澄まされて不思議な感覚でした。

なんていうか、

天も地も無いひとつの空間で 音楽が鳴ってて その音楽に引力があるから

それを中心にして 周囲の人がそこに留まっている

そんな感覚。

ステージの上の方が音が良くなるように作られてると言っていたけれど

実際にステージを降りて、バンドの横や後ろに居ても

バンドマンと全く同じ音を体感してるっていうのがものすごい興奮しました。

目線が同じで、メンバー間での目と目のやり取りをすぐ側で観てると

まるで自分も一緒に演奏してるみたいな感覚。

ライブ中にこんなに近くで目と目が合って笑いあえるなんて

そんなの、楽しいに決まってるじゃない。笑

naked は普段のフロント3人と1直線上に並んで観させていただきましたが、

田上さんからメンバーへ送られる目線と笑顔が

こんなにもリアルに感じ取ることが出来て、嬉しくて 楽しくて

何より その場に居合わせた全員でライヴを創ってるっていう実感がもの凄かったです。

もともと楽しいバンドなんだけど、これがこんなに近くで

バンドを取り囲むようにして観ると普段の数倍、数十倍も楽しくなるんだなぁ

この一体感は凄い。

spirit page はスリーピースだからどこから観ようかかなり迷ったんだけど

結局DJと真正面を向くかたちで立ちました。

そしたら背中にベーアンが!!

なんて美味しい位置でしょう。笑

背中でアイツキさんの音を感じながら、手が届く距離で3人が演奏してるなんて

ものすごく、ものすごく興奮しました。

3人の引力にぐいぐい引き込まれて、向こう側に居るお客さんともすごく近い位置に

居られたような気がしました。

なんというか、spirit page は引き込むだけにとどまらず

その空間をねじったり かき回したり 観客も機材も全部混ぜ込んで

いろんな色や匂いを体感させてくれた

そこに自分が混ざりこんでいく感覚がすごく気持ちよかった

今まで体感したいろんな経験の中でも、こんな感覚は初めてだし

本当に心の底から、身体ごと楽しめました。

こんなにも素晴らしいライヴなら、川岸さんも言っていたけれど本当に他のバンドも

沢山観てみたいと思いました。

札幌生活最後のライヴが、in the Flat Field という企画で

良かったどころか、もう函館行きたくなくなっちゃったな。笑

今日という日にめぐり合えたことに感謝します。

| | コメント (0)

さよならテレビデオ

また日付変わっちゃったな、仕事辞めてしまうと夜遊びヘッチャラだもん

昨日の話だけど、引越準備の手始めにまずテレビ君とさよならしました。

高校時代からの親友のもとに引き取られた訳だけど。

忙しかった頃はテレビの電源を入れたことすらなかったの。

でも去年の秋、冬頃からはさ、もうテレビがないと寂しいくらい

観ちゃってたからさ

慣れっておっかないね。

テレビ君とお別れした後は、久々ゆーじサンと

高橋ブラザーズの4人で焼肉パーリー

このスリーショットといっぺんに一緒に過ごせるのは

次はいつになるのかなー・・・

出会った頃ちょうど喧嘩してた(エースを除く)二人が仲良く話してるのをみて

めちゃめちゃ嬉しいかったのよ

あの二人がまたバンドで活動するのがすごく楽しみなワケ

YULICO と evylock も函館でライヴすればいいのに。

なんてこと考えながら食後のボーリング(エースを除く)は

半分寝ながらにして調子は悪くなかったのよ

これからしばらく会えないのに

やっぱり皮肉なことにとても楽しかったワケ

今日という日がね

| | コメント (0)

君が思い出になる前に

ついに卒業した。退職というか、卒業の方がピンとくるね。

学校生活のような毎日で

だから、ひとりぽっちで卒業する感じがなんとも寂しいやね。

でも本当のお別れのその時にだって寂しい感覚は全くなくて

全然お別れって気がしなくて、挨拶だって何を言っていいやら

さっぱりだったよ。

でも、隣の席の女の子が

「あーサキちゃんこの曲頭から離れないや」って言った

スピッツの <君が思い出になる前に>

がワタシの脳内ステレオから流れた瞬間

ちょっと泣きそうになった。

危なく箍が外れるところだった。

なんでかな。他愛もない会話のひとつにすぎないのにね。

でもその後の送別会は特別に楽しかったんだ。

普段は緊張してうまく話せなかったり壁を取り払えなかったり

する事もあったけど

皮肉な事に最後の集まりでは

心から楽しく出来たんだよ。

日付が変わった今日、目が冷めるとすごく寂しかったんだよ。

みんなのことは忘れないよ。

忘れたくないんだ。

函館に帰るなんて決断しなきゃ良かったよって

ちょっと後悔もしたかな。

なんてね。笑

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »