« ROKKASHO 海や空に放射能を流さないで下さい! | トップページ | LIVE告知 »

Cannnabis&You

んー・・・六ヶ所関係の動画、実は日付指定で投稿してたので、いつの間にかネタ切れてましたね。ごめんなさい。

毎日の生まれ変わりのなかで、受け取るものが多くなって、消化するための時間調整が追いつかなくなったりしたけれど、念ずればちゃんとした流れに導かれることを知った数日間を過ごしていたワタシです。詰まりかけていた心を持ちながらも、新しい愛が溢れ始めることによって、またひとつ、ぶれない強さを貰いました。もちろん、山積みの問題は未解決。でも一番大切なことは何かを忘れなければきっと上手くいく。

2008/5/27
言葉では言い表せないほど、いろんなことがありました。
こんなに自然に居られる自分は何かに導かれてるとしか言いようの無いほど。これ以上何かを望めばたちまちバランスが崩れてしまいそうで恐ろしい時間の流れの中でも、その瞬間、その瞬間は確実に時が止まっているんだろうと思います。

朝、チーズケーキを焼きながら、無性に会いたくなったピアノの音。音はワタシを忘れていなかった。なぜ今、君と触れ合いたくなったのか、その意味はきっと後からわかってくる。今日これから起こる出来事の最初の入り口。

昼、風は強かったけれど、気持ちのいい青空に、戯れる白い雲を眺めながらパンを食べました。
何も考えなくても、ただ心地よい空の下。
太鼓の音が時々聞こえてくる。そのまま寄り道しながら四稜郭へ向かう途中、出会ったおじさんから鈴蘭のプレゼント。しばらく話した後、おじさんと別れて向かったのは、前から行きたかった赤川のダム。寄り道しながら見つけたcannabis、いろんな想いが流れ出る。なぜだろうか、大きく時が止まった瞬間。
そのあとダムを歩きながら、いろんな思い出と、沢山のクラスメイトが浮かんできた。今居る自分との不思議なストーリー。この場所にはやっぱり何かあるのだろうか、想いを巡らせながら、次なる約束のため、急な斜面をへっぴり腰で下る。ほんの数時間の自然散策、太陽と土と風にたくさんエネルギーを貰いました。
連れて来てくれたyouにありがとう。

夕方、sasaセラピーでチャクラを開いてもらいました。
浮かんでくる情景は、夢なのか、想像なのか、ビジョンなのか・・・
生命の歌、地球が太陽の炎にまかれたり、月の光に包まれたり。ワタシはとても澄んだきれいな小川をものすごいスピードで泳ぎました。魚よりも速く、魂ひとつになって突き進む、透明な川の中。木漏れ日が心地よかった。川から抜け出してそのまま高い空を飛んだり、また小川に戻ったり。突然現れた人間の赤ちゃんをあやしながら微笑んだり。誰の子供なんだろう・・・
情景は次々と変わっていく。
お堂の中で、一人の見知らぬ女の子が祈ってる。立ち上がって、近づいてきたと思ったら、消えて、別な人たちが入れ替わり立ち代り、祈ってる。最後に両親が出てきたとき、涙がこみ上げてきた。ありがとうと、ごめんなさいが混ざった気持ちで怖くなったとき、手を引っ張ってそこから連れ出してくれた君の存在は言葉で言い表せないほど大きすぎる(きっとそれはワタシの望んだ気持ちが引き起こしたことなんだろうけれど)。連れてこられた場所は大きな庭付きの家でした。大好きな仲間たちが微笑んでる。おかえり、って言いながらそれぞれに暮らしてた。ワタシもその家に入って、その後にもやってくる仲間を迎え入れたりしていたら、次の瞬間、全員消えた。
その場所にたった一人になったワタシ。
瞬きをするたびに、現れたり、消えたりする仲間たち。
そのあと、地球からすべての命が飛び立っていきました。
これが現実なら恐ろしいはずの事実だけど、なぜだか安らぎを覚えた。赤い地球を見ながらセッションが終わりました。

オイルの香りに包まれて、身体はこの上ない心地よさで満たされて、最高の気分でもと来た場所へ帰る。

夜、甘さを控えたワタシ好みのスペシャルチャイを飲みながら、ボーっとするワタシに聴こえてくる音はさながら天国へ導く音のよう。タンバリンの音色を奏でながら本当に飛び立ってしまいそうでした。
そんな状態のなか、観たくてたまらなかった、伝説のバンドのライヴビデオ上映会。呼吸も出来ないほど、こんなに辛くなったことはありません。話しかけられても声が出ない。これ以上この音を聴き続けていたら自分がどうなってしまうかわからない。もうやめて、逃げ出したい、そのくらい凄すぎる、衝撃が強すぎる音に、人のエネルギーに、狂ってしまいそうなギリギリのワタシは動けない。こうやってここに書き記す言葉じゃ足りなさ過ぎて、何も伝えることのできないくらいの状態。無理やり言葉に表してみても無意味なことに今、気づきました。

震えが止まらなくなったワタシは、本当にこれ以上の音は聴けなくなって、そのあと一体どれぐらいの時間トリップしていたんだろう。硬直し続けたおかげですっかり冷え切った身体を温めてもらったあとは、耐え難い睡魔に襲われ・・・今日はゆっくり眠れること間違いなし、とばかりにマフラーぐるぐる巻きで家路についたのでした。

感謝と愛で溢れた日。
実はこの日に繋がる沢山の出来事は日々繰り広げられていたのですが、一旦ゼロ地点にたどり着けたところで一区切りつけようと思い、ここに記しました。
このゼロ地点を持って、また新しい日々に挑みたいと思います。
クリアになって、自分のペースで。
ありがとう、ありがとう。

|

« ROKKASHO 海や空に放射能を流さないで下さい! | トップページ | LIVE告知 »

日々の記録」カテゴリの記事

コメント

I will cover you up. Just go with the flow of your life. What ever you do, whatever happens to you, and your existence...everything is just perfect. You are the one. You are on the earth with your divine soul.

love ya heaps and heaps

Oceans of love and peace,

Yu xxx

投稿: yu | 2008年5月29日 (木) 16時43分

レス遅くってごめん!
お互い、流されてしまいそうな日常の中でも、信念あるお陰でいい流れに導かれてるよね!!
でも、ワタシの場合はそれもこれもやっぱりYuに出会えたから。あの時、ワタシは生まれたって思えるから。
soulはどんなに離れてても、波動が伝わるものだから、ライバル意識も燃やしつつ(笑)いいバイブレーションぶつけ合おうよね!!

ピース!!!

投稿: aco. | 2008年6月 5日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ROKKASHO 海や空に放射能を流さないで下さい! | トップページ | LIVE告知 »