« sea sweets HAKODATE | トップページ | BACHIKONDOOO、ありがとう。 »

星めぐりの唄

あかい めだまの さそり

ひろげた 鷲の つばさ

あをい めだま の子いぬ、

ひかりの へびの とぐろ。

オリオンは 高く うたひ

つゆと しもとを  おとす。

アンドロメダの くもは、

さかなの くちの かたち。

大ぐまの あしを きたに

五つ のばした ところ。

小熊の ひたいの うへは

そらの めぐりの めあて。

----------------------------------------------------

宮沢賢治の世界に、再び触れ合う機会が増えました。
この時期に出逢うということは、やっぱりワタシに何かメッセージがあるのでしょう。

----------------------------------------------------

最近夜風が冷たくなってきましたが、如何お過ごしでしょうか。
更新が滞ってすみませんでした。ワタシは元気です。
7年間お世話になった携帯電話会社を変え、不要なものを徐々に手離して、身軽になると自ずとまた新しく必要なものが入ってくる、そのことに迷いはありません。

何が本当の豊かさなのか
何が本当の幸せなのか
生きるということは、どういうことなのか

知識があるだけでは、それは生きているとは言えません。
知識を体験して 体験を認識する そして次のステージへ

この流れに、繋がった人達に、是以上ない感謝を。

誰かと出逢う、誰かと繋がる、誰かと密接な関係になる。
例えばそれが親友だったり、夫婦だったり、あるいは親と子だったり、教師と生徒であったり、ハタマタ、偶然同じ場所に居合わせた顔見知りだったり・・・
その関係性は様々だけれど、どれも皆、其々に各々に、意味のある出逢いであり、意味のある繋がりであるんです。自分に至らない点があろうと、相手に至らない点があろうと、現在だけを見つめるとその時点ではマイナスに作用する関係であろうと、それでは何故出逢ったのかと、原点に視点を戻したとき、あるいは到達地点を想像したとき、必ずその出逢いには目的があることに気がつくだろうと思います。
ここに生きるもの全てが、互いにその関係性が作用して、完全なるバランスで成り立っているから、ワタシ達は生きていられるのです。
勿論、上記の例以外にも様々な関係があって、人間同士に限らず、自然界に在るもの全てに言えることだと思います。

でも、そう思っているワタシはまだ、不完全な状態だから此処に生きているのです。
知識があるだけではそれは生きているとは言えないのだから、
もっともっと貪欲に、体験を重ねたい。
そしてチューニングをばっちり合わせることが出来た暁には、自分はどんな音で鳴り響くのか、そして何と共鳴して、何処の音が聴こえてくるのか、それが楽しみで仕方がないのです。

ありがとう、の言葉が、日に日に色味を増してゆきます。

|

« sea sweets HAKODATE | トップページ | BACHIKONDOOO、ありがとう。 »

日々の記録」カテゴリの記事

コメント

アコらしさを保てていて、安心しました。時間を重ねれば重ねるほど、ほとばしるほどの光に全身をゆだねているようやね。私の位置もブレたらいかんって思わされるよ。ありがとう。

こっちで、大切やと思える人に出逢えました。
まだまだどうなるかわからんけど、今感じるこの愛に、今はめいっぱい生きようと思います。

お互い、日々日々歩んでいこな。

投稿: yu | 2008年8月26日 (火) 05時16分

YU
勝手にmixiやめてごめんね。
今のワタシには、必要のないものと判断して、本当に自然で必要な出会いを大切にしたくてさ。
心配させてしまった、よね?
ワタシは本当に順調に生きてます。
まだまだ解消できないカルマがあってもがいたりするけど、その苦しさもワタシに必要なことであり、今後の生き方に影響することだから、一生懸命に生きようと思います。

優のことは、本当にいつも想ってる。
優においては、本当に不思議だけど、体がどんなに離れていても、ずっと連絡をとらなくても、何故か傍に居るような感覚で、全然寂しくありません。笑
会えなくても、同じ地球に居ること自体、同じ空の下に一緒に住んでるんだしね。

それにしても、愛を送りたい人が増えて嬉しい。優の大切な人には、ワタシからも、ワタシの持てる10000%の愛を送りたい。
愛の波動がこんなふうにもっともっと遠く広く、一人でも多くの人に伝わって、伝わりあっていくことが、
本当に幸せです。

愛してるよ。

投稿: aco. | 2008年8月27日 (水) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« sea sweets HAKODATE | トップページ | BACHIKONDOOO、ありがとう。 »