« あと一週間・・・ | トップページ | 2008年最後のLIVE告知 »

かもめのジョナサン

081130_17120003

かもめの音楽会 
ご来場の皆様、一緒に作り上げたリラちゃんチットさん、影で支えてくれた神、沢山のエネルギーをくれた君、関わった全ての人に感謝です。

反省点も残りましたが、それも含めて、これほどの大きな大きな経験をさせてもらって、確実に大きく開けたと思います。だからこそより深く、冷静に、温度を見極められるようになりました。それも正確に。これは自分が昔からそこに入ることを欲していた世界にようやく入り込めるようになったことから起こりうる現象。世界の扉が、今まさに開けているのが見えます。
だからもう自分にもぶつけ合う相手にも嘘はつけない。
命を張って生きることに懸けているその世界の大先輩や、もう親の世代の人たちが、すぐそばに居てくれる環境のお陰です。逃げたくなっても後戻りは出来ません。それが命を張って生きることに懸けるということ。

11/28 かもめの音楽会 セットリスト
1 Birds/NEIL YOUNG
2 家族の風景/ハナレグミ
3 幸せのうた/aco.
4 IN MY LIFE/ビートルズ
5 マライカの夢/マライカaco.アレンジ
6 ハンキーパンキー/ハナレグミ
7 ありったけの愛/シアターブルックaco.アレンジ
8 小さくて大きな存在/aco.

伝えたい気持ちが満載。
ボブディランのようだね、と理解者の温かさが、心に張ったものを溶かしました。
その涙も、温かかったのです。

急ですが、今週末も、LIVEあります。
081202_23010001
開いた扉に感謝を込めて、懇願の一夜。

|

« あと一週間・・・ | トップページ | 2008年最後のLIVE告知 »

音楽に関わる日々の記録」カテゴリの記事

コメント

涙が出たよ。
確実に、acoのペースで穏やかな風を切っていってんのが目の前に見えた感覚。

確かなもの、自分が忘れたくない大事なものをいつも思い出させてくれて有難う。時の流れによって削り落とされる痛い部分、そしてそれを癒してくれることは有難いけど、その分無意識の感覚で、握っていたいものも離れていく気がするこの怖さ。

でもacoはいつもそこにいてくれてるね。進化しながら。

そしてすごく遅くなったけど、25歳の誕生日、本当におめでとう。

私は今の目の前の試練に耐えて、世の中のあらゆる部分を勉強する時間やと思って魂を注ぎます。細くても、長く歌と音を奏でながら。

今はこういうとき。

寒いけど、風邪ひかんときや。

投稿: yu | 2008年12月 5日 (金) 05時47分

yu
何で…
いつも弱ってるときに声をかけてくれるのだろうね、YU。
こう見えて、本当は今すごくナーバスになってる。ストレスは最大の敵なのに、負けそうなギリギリのとこに差し掛かろうとしてた。
自分の未熟さにイライラ、真剣に取り組みたい事へ真っ直ぐ入り込めない現状にイライラ。
歯車の摩擦が大きくなってきてることには、絶対原因もあるし、意味もあることだから、これが自分にとって試練であることに間違いはないのに、踏ん張る力が足りなくて参ってた。

でもYUはそんなワタシをちゃんと見てるかのように声をかけてくれる。強い言葉で背中を叩いてくれるね。

やっぱり、うちら、こういう星の下に生まれたんやな。

YUの後輩から、YUがギターで唄を歌ってくれたと聞いたよ。ちょっと目を離した隙にレベルアップしやがって。
負けてられんわ。

YU、ありがとうね。
本当にYUが居るから、ワタシこそ大事なこと思い出させられる。

そのうちお互い瞑想状態で交信できるようになるかもね。
もう、そうなりかけてるか。

ワタシにとってYUしか居ないほど、
大切な存在だよ。
ありがとう。

投稿: aco. | 2008年12月 5日 (金) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと一週間・・・ | トップページ | 2008年最後のLIVE告知 »